主婦が利用するのに便利なキャッシングサービスとは

消費者金融会社が提供する個人向けの融資サービスであるキャッシングは主婦でも利用する事が出来ますが、利用条件である満20歳以上で一定収入がある事をクリアしておく必要があります。収入面に関しては、正社員や契約社員やパートなど様々な雇用形態がありますが、どのような雇用形態でも構いません。限度額は貸金業法によって総量規制が導入されていますので、年収の3分の1に相当する総限度額までしか設定されませんので注意が必要です。

主婦が利用するキャッシングサービスとしては、レディースローンがあります。このサービス内容はキャッシングとあまり変わりませんが、各種手続きや相談には女性スタッフが応じますので、女性にとっては安心出来る仕組みが用意されているのが特徴です。

最短1時間でお金が借りられるカードローンとは?

カードローンはできることなら利用しない方がいいですが、どうしてもお金が必要な場合はやむを得ません。きちんと返済可能な金額を借りるなら、それほど問題とはなりません。お金を借りると決めたなら、なるべく早く手元に現金を手にできるカードローンの方がいいです。最近は申込から最短1時間ほどでお金を借りられるカードローンが登場しています。

それはアコム・プロミス・アイフル・プロミスという消費者金融と、銀行カードローンではレイクです。いずれも平日14時までに契約が完了すれば、15時までに振込み融資が受けられます。また自動契約機なら、平日の夕方以降や土日祝日でも即日融資が受けられます。

最短1時間で融資を受けるには、なるべく平日に申し込むのがポイントです。ネットで前夜のうちに申し込むといいでしょう。また申し込み時にケアレスミスをしないことと、職場への在籍確認がきちんと取れることが素早く契約を完了できるポイントです。

初めてプロミスを利用してみての感想

ガスが止まりました。いわゆる未払いというやつです。まだ大丈夫かと思いながら数ヶ月、すっかり忘れた頃にピタっと止まってしまいました。

私の家はガスでお湯を沸かしているのでお風呂にも入れません。たまっていた分全て払い終えないと利用不可ということで結構な額になってしまっていました。友人にお金を借りるのは嫌なので色々調べてみたところ、プロミスだと初回1ヶ月は利息なしでweb申し込みでかなり早く融資してもらえるらしいので早速利用してみました。

本人確認などで若干手間はかかりますが朝に申請して夕方にはガス料金を払い終えることができ、その日は浴槽に湯をはってのんびり入浴して温まることができました。

もちろん公共料金は毎月必ず払うべきお金ですが、こういった形でお金に困ってしまった時でもすぐに利用できる金融機関はとても助かります。

無人機契約機はやっぱり多い会社のほうがいい。

無人契約機が多い方が、色々なところで借り入れをするようなことをできやすいといえます。

そもそも、数があった方が近い場所の契約機を探すのが簡単であるでしょうし、契約機が多くあれば

良好先や出張先で探すようなことも苦労はしませんし、自宅付近では誰かに合うかもしれないけれど、ちょっと離れたところにあれば

誰か知りあいなんていないだろうというようなことがわかっていれば、仮に生きやすいところもあります。

その他にも、場所によって契約機がそこそこ多くあるようなところもあれば、人の気配がほとんどないようなところもありますので

色々なものが選べたり、契約のしやすさが変わってきます。

借り入れの選択肢を増やしたいなら、無人契約機は多い会社の方がいいでしょう。

キャッシングの審査で重要な限度額の決め方

キャッシングに申し込むときは自分が希望する限度額をいくらにしてほしいかを自分で申告することになっています。インターネットから申し込みを行う場合はホームページの申し込みフォームに情報を入力しますが、そのなかに借入れ希望額という項目がありますので、そこに何万円の限度額にしてほしいかを入力します。

キャッシングの商品によって最大の限度額が決まっていますので、最大限度額を超える金額を借りることはできません。もうひとつ、キャッシングには総量規制というルールがあります。総量規制とは年収の3分の1までしかキャッシングできないという決まりのことです。そのため、消費者金融のキャッシングでは借入希望額は年収の3分の1以内にしましょう。