キャッシングの利用では、金利よりも返済方法に注意が必要です

キャッシングを利用する場合、最も気になるのは、金利はいくらか、ということだと思います。

一般的なフリーローンの場合、銀行のカードローンで約14%、大手消費者金融で約18%、中小の消費者金融で20%、というのが大体の相場になっています。(法律の範囲内の最高金利が20%なので、20%を超えることはありません。)

金利は低いにこしたことはありませんが、金利以上に注意をしたいのは、実は返済方法です。キャッシングでは、金利が低くても、長期間借りていると、結果的に支払利息が膨れ上がってしまうからです。

キャッシングの返済方法の一つとして、銀行口座からの自動引き落としがあります。返済し忘れる心配がないので安心ですが、毎月決まった金額しか返済できないため、借入期間が長引いてしまうことが多いのです。相場以上に金利が低い場合は、返済方法が自動引き落としに限定されている場合もあります。

キャッシングを利用する際には、返済方法の選択肢をしっかりと確かめてから借入先を選ぶことが大切です。

キャッシングの返済の方法が増えています

キャッシングの返済はどのように行うのかと言いますとATMもありますし、業者がやっている無人の店舗ということもあります。最近ではインターネットを活用してそこから申し込みができたりということもありますし返済もできるようになっています。

但し、ネットからといっても口座を介して、ということになりますから、利用者が持っている口座から振り込むというような形になりますので実際問題としてはそこまで画期的というわけではないのですが利用する側からすれば今はスマートフォンなどから銀行の口座にアクセスするということも出来ますし実に簡単に返済の行動ができるということには間違いないことがあると言えるでしょう。そういうことが素晴らしいことになります。

キャッシングの返済は期日までにしっかりしよう!延滞してはいけない理由は?

キャッシングをすると期日までに返済しなければいけませんが、少し遅れても大丈夫と思ってしまう人も少なからずいます。しかしキャッシングの返済を延滞してしまうとデメリットになる点があるのでしてはいけません。そこでなぜキャッシングの返済を延滞してはいけないのか理由を挙げていきましょう。

キャッシングの返済を延滞してしまうと遅延損害金が発生してしまいます。延滞利率は20%で設定されているので通常のキャッシングで加算される利息より高くなっています。元金、利息、遅延損害金を支払わなければいけなくなるのですごく大変です。またキャッシングの返済を延滞してしまうと信用情報にも履歴が残ってしまいローンの審査などで影響が出てしまいます。デメリットになる点が多いので返済期日までにしっかり支払うようにしましょう。

キャッシングの返済は少しでも無駄のない方法で行う

カードローンを利用して借り入れをすると、次回の返済期日が設定されます。この日までに定められた金額を返済すれば問題ありませんが、返済の余裕があればできる限り早めの返済が良いです。

利息は借り入れ残高に応じて計算されていきますので、少しでも早く返済すれば借り入れ残高が減少するため利息の加算も少なくなっていきます。

また、コンビニのATMでは返済の際にも手数料が発生してしまいますし、紙幣による返済しか対応していません。これに対して、店舗での返済では手数料は発生しませんし小銭による返済も可能です。

支払う利息は少なければ少ないほど良いので、返済期日まで待つのではなく、このような方法を利用して利息を抑えるのが賢明です。