キャッシングの申し込みは本人確認書類をウェブへ添付しました

子供の教育費が想像以上に必要になり、パート代のみでのやりくりは厳しくなってきたので、キャッシングが利用できればいいな〜と考えるようになりました。キャッシング申し込みは自宅のパソコンから行い、本人確認書類の提出が必要だったので、カメラアプリで撮影して、ウェブへ添付するようにしました。

会社名や勤務年数、年収など全て正しい情報を記載し、手続きすると平日14時までに申し込みを行えば、即日融資が可能なので、急ぎで手続きの旨をオペレーターへ伝えておきました。審査結果は1時間ほどでわかり、すぐにお金が必要だったのでネットバンク経由にてキャッシングすることにしました。

パート主婦でもキャッシングの申し込みができるんだな〜とわかり、家族に内緒でキャッシングでき、利用明細書もウェブでチェックできるので安心できます。子供の教育費は、何かと必要になるので、急にまとまったお金が必要になった時は、キャッシングが利用できると便利ですし、ちょっと借り入れした時などキャッシングができると精神的にも安心感を得られます。不足した子供の塾代をすぐキャッシングで準備できたのでよかったです。本人確認書類も運転免許証で行い、スムーズに手続きできました。

キャッシングはパートやアルバイト、そして学生でも利用可能です

キャッシングサービスを利用したいけど自分の収入で審査が通るか心配…。そういった方も多いと思いますが、基本的に働いている方であればキャッシングはほぼ審査が通りますし、パートやアルバイト、そして収入のある学生でも大丈夫なキャッシング商品というものも実は多数存在しています。

さすがに正社員や高収入の人と比べるとそれらの属性の人々に対する融資可能枠は狭まっているのですが、それでも数十万円程度のキャッシング利用は十分可能ですので、お金を必要としているのに周囲に頼れる人がいない方はぜひ申し込んでみましょう。ただしすでに消費者金融や信販系のカードローンやキャッシングを利用している場合はかなり審査は厳しくなりますので、その点は注意が必要となります。

本人確認に必要な書類とキャッシングの申し込み方

限度額内で借り入れが行えるキャッシングを活用するメリットとしては、必要な時に資金調達が行える事です。

このキャッシングを利用するのに申し込みをするには本人確認書類が必要になってきます。本人確認書類として有効な物は、健康保険証やパスポートや運転免許証などです。これらは申込時にスキャナーで画像データ化して、消費者金融会社の審査センターに送る事になります。

そして、その書類を基に審査が行われていきます。消費者金融会社によっては在籍確認という申込者が実際に申込書に記載している会社に勤めているのかを確認する電話をかけて本人確認をするケースもあります。

キャッシングの申し込み方には、Web申し込みや自動契約機を使った申し込み、電話による申し込みなどが用意されています。いずれの申し込み方法でも審査を通過した後に契約をする仕組みになっています。

自動契約機で申し込みするメリット。

キャッシングするときに、必ず申し込みをして審査が必要です。

自動契約機で申し込むといった手段があるのですが、人とも会わなくて済みますし顔も合わせることがないので恥ずかしいこともありません。

キャッシングというとどうしても恥ずかしかったり嫌なイメージしかないと思うので、できれば人に会わないで済ませたいですよね。

自動契約機とは言っても全部自分でしなくてはならないわけではなく、横に内線があってそれで話しながら申し込む事ができます。

だいたい時間は、審査結果が出るのも含めて30分?45分です。

混んでいたりするときは1時間以上かかることもありますが、だいたいは45分前後だと思ってもらっていいと思います。

すぐに終わり結果を待つのも手間取らないので、自動契約機で申し込むのはオススメです。

今はどこも、自動契約機での申し込みになっているところも多いです。