初めてプロミスを利用してみての感想

ガスが止まりました。いわゆる未払いというやつです。まだ大丈夫かと思いながら数ヶ月、すっかり忘れた頃にピタっと止まってしまいました。

私の家はガスでお湯を沸かしているのでお風呂にも入れません。たまっていた分全て払い終えないと利用不可ということで結構な額になってしまっていました。友人にお金を借りるのは嫌なので色々調べてみたところ、プロミスだと初回1ヶ月は利息なしでweb申し込みでかなり早く融資してもらえるらしいので早速利用してみました。

本人確認などで若干手間はかかりますが朝に申請して夕方にはガス料金を払い終えることができ、その日は浴槽に湯をはってのんびり入浴して温まることができました。

もちろん公共料金は毎月必ず払うべきお金ですが、こういった形でお金に困ってしまった時でもすぐに利用できる金融機関はとても助かります。

新入社員時代のキャッシング、カードローンの思い出

新入社員の頃、飲み会への参加やCDを購入代金をクレジットカードで支払っていましたが、支払日近くになって口座残高が足りなくなり、銀行のカードローンを利用しました。カードローンは、積極的に申し込んだものではなく、総合口座を開設した時に自動的に申し込まれていたものだったので、ATMで出金するだけで借り入れができました。

当座のクレジットカードの支払いは間に合いましたが、翌月も同じくらいの金額を支出していたので、また残高が足りず、前月借りた分を返済するどころか、さらに借入金額が膨らんでいきました。そのようなペースで続けていくと、簡単に借入枠の上限を超えてしまいました。

そのため、さらにクレジットカードのキャッシングや他の銀行で枠を設定して借入しました。また、このような資金繰りを続けていくなかで、カードの支払いを一回延滞してしまい、キャッシングが使えなくなって大変でした。

やはりカードローンについては、借入枠が大きくても月々の返済は少なくて済むので、つい自分のお金のように使いがちだと思います。あまり無駄遣いはせずに、カードローンは最後の手段として使う、使ったらなるべく早く返済することを心掛けるべきだと思います。

キャッシングやりくりも選択の一つです。

以前アコムにてキャッシングをした経験があり、その事について書いていこうと思います。当時生活をしていく最低限の収入はあったものの口座の貯蓄は0、そんな時に10万越えのお金が必要になり始めてキャッシングを使うことになったのです。正直キャッシング会社に対してのイメージは悪かったです。

出来れば自分自身現金をやりくりして捻出したかったのですが、色んな事を制限し我慢してもせいぜい5万円程しか月収からは絞れません。最後の手段としてのキャッシングを決意した後はとにかく情報を求めました。どこの会社がいいのか、借りる時借りた後はどうなのか等実際自分の状況も迫られているわけですから色んな方面で調べまくりましたね。アコムに決めたのは大手企業である信頼とCM効果ももちろんですし、借りる側の選択肢が広かったのも大きかったと思います。

審査も通りやすかったですし返済時の分割選択等思っていたよりトントン進んで、その時必要であった金額を借り入れることが出来ました。ちなみにその時お金が必要であった理由は急な引っ越しです。引っ越し作業は個人でやれますが、敷金礼金や各種保険費、2か月分の家賃と費用が膨らんだ為でした。

引っ越した後借りた12万円は、出来るだけ少額ずつの返済設定でお願いし1年経たずで完済。1万5千円程度からの返済額は本当にありがたいですよね。しかも設定金額はあくまで目安なので、今月はちょっと残業頑張ったからもう少し返済に充てられるという時等は自分の意志で多めの返済額で入金できます。

入金した後の明細書の残高が少しずつ減っていくのが嬉しかったですねその後親の車の買い替えでも急なお金が必要になった時も40万円程借り入れましたが、こちらも無事返済完了です。

よくCMなどで収入支出のバランスの重要さを推していますが本当に実際借り入れをし、毎月の返済経験をして実感しています。借りるだけではなく返済に対してもしっかり計画性をもって利用すればキャッシングも、お金のやりくりの視野は広がります。自分に合ったスタイルでサービスを利用していきましょう。