便利になったキャッシング

キャッシングといえば、以前はお金に困って最終手段として使うものとして、良いイメージがありませんでした。しかし近年は、消費者金融のイメージ自体も、テレビCMなどで明るいイメージが付き、初めての人でも利用しやすいように、様々なキャンペーンやサービスをするようになりました。これらをうまく活用すれば、急な出費などで困った時の強い味方として活躍してくれます。

以前は、店舗窓口や専用ATMに出向いて、申込みや手続きをしなくてはいけませんでしたが、今は在宅で手軽に申込みが可能になりました。それがWebによる申込みです。このWeb申込みは、365日24時間受付で、申込みをすると自動審査が行われ、審査結果は連絡をしてくれる仕組みになっています。この審査によって契約可能額が決定されて、融資を実行してもらえるのです。返済に関しても、今はインターネット上でも行うことができますので、とても便利で簡単になりました。手続きの際に準備をするものも、保障人や担保は必要なく、運転免許証やパスポートなどの身分証明書があれば大丈夫なのです。

Webによる申込みであれば、即日キャッシングが可能なので、利便性が増し、様々な層の方々から利用されるようになっています。

学生がキャッシングを申し込んだ場合の審査について

消費者金融や銀行のカードローンの申し込み条件は、「20歳以上で安定した収入があること」となっています。18~19歳の場合は、条件をクリアできていないので申込みできませんが、アルバイトなどで定期的な収入を得ている20歳以上の学生なら申し込みは可能です。とはいえ、学生の場合は、審査については各社慎重になるようです。

まず、成人しているため、親の同意は必要ありませんが、親の連絡先を聞かれます。

また、学生に限らず、カードローンの審査では、勤め先への在籍確認がなされます。社会人の場合は、給与明細や源泉徴収票などを提出することで在籍確認できる場合もありますが、学生の場合は、原則アルバイト先に在籍確認の電話が入ることになります。

そのため、家庭教師など、個人宅でのアルバイトをしている場合は、申込みが難しくなります。その他、一人暮らしをしている学生よりも、実家から大学に通っている学生の方が審査に通りやすい、留年していると不利、など学生ならではの審査基準があるようです。

一方で、借入金の使途が「資格取得のための費用」など明確な場合や、卒業間近で、社会人になる日が近いという場合、また、同じアルバイト先で長く働いている人は審査に通りやすくなっているようです。

キャッシングサービスを比べるにはネットの比較サイトがお勧め

すぐにでもお金が必要となった場合、キャッシングの利用が検討できますが、現在非常に多くの金融機関でサービスが展開される様になりました。数多く展開されるキャッシングサービスを比較する際には、インターネット上の比較サイトを活用してみると、一度に各サービスを比較する事が可能です。

スマートフォンやパソコンで簡単に検索ができ、特にキャッシングを比べる場合、金利の数字を比べる事が重要で、可能な限り低い金利で借りられるサービスを選択してみるとよいでしょう。その他にも、初めて利用する場合には審査の申請が必要となりますが、その審査のスピードから、即日借り入れが可能かどうかを知る事も出来るでしょう。

実際に借り入れを行った場合、返済方法に関しても事前に確認しておく事が重要で、一括返済、分割返済、そして繰り上げ返済等、どの様な返済が可能か確認しておきましょう。特に高額な借り入れを行う場合、返済方法によって金利の金額も変わり、返済期間にも大きな影響を及ぼす可能性があります。

この様な情報を一度に比較サイトで比べる事が出来ますので、希望に合ったサービスを見つけてみましょう。大手銀行によるサービスから、借り入れを専門に行うキャッシング機関まで幅広く比べる事が出来るでしょう。

新入社員時代のキャッシング、カードローンの思い出

新入社員の頃、飲み会への参加やCDを購入代金をクレジットカードで支払っていましたが、支払日近くになって口座残高が足りなくなり、銀行のカードローンを利用しました。カードローンは、積極的に申し込んだものではなく、総合口座を開設した時に自動的に申し込まれていたものだったので、ATMで出金するだけで借り入れができました。

当座のクレジットカードの支払いは間に合いましたが、翌月も同じくらいの金額を支出していたので、また残高が足りず、前月借りた分を返済するどころか、さらに借入金額が膨らんでいきました。そのようなペースで続けていくと、簡単に借入枠の上限を超えてしまいました。

そのため、さらにクレジットカードのキャッシングや他の銀行で枠を設定して借入しました。また、このような資金繰りを続けていくなかで、カードの支払いを一回延滞してしまい、キャッシングが使えなくなって大変でした。

やはりカードローンについては、借入枠が大きくても月々の返済は少なくて済むので、つい自分のお金のように使いがちだと思います。あまり無駄遣いはせずに、カードローンは最後の手段として使う、使ったらなるべく早く返済することを心掛けるべきだと思います。

キャッシングにおける限度額について

これは我が国内での様々なキャッシングサービスに関しての内容になります。大抵の場合には、消費者金融業者が扱う商品の場合には、大体50万円までの借り入れ限度額を設定をされたりするような場合が少なくはありません。

一方、これに対して銀行系のキャッシングサービスの商品の場合には、借り入れ最高限度額を500万円から1千万円くらいまでに設定したうえで、さらに収入証明書類などが300万円から500万円の間の範囲では申し込みの際には不要というところなどもあり、借主側にとっては、本当にうれしい限りの商品内容といえます。

こうした状況から、借り入れ申し込みの際での審査基準のハードルは一見すると高いようにも思えたりするかもしれませんが、意外にもそうしたところばかりではありませんので、このような銀行系の商品は大いに借り入れをしながら上手く効率よく活用をしていくだけの価値は十分にあります。

また、個人事業主の方などにとっても、法律上での総量規制の対象とかではありませんので、借り入れ限度額なども先程話した最大限度額までの範囲での借り入れが可能です。そうした限度額においての余裕性という面からしても、銀行系の商品での借り入れをする事は大変良い面があります。

キャッシングやりくりも選択の一つです。

以前アコムにてキャッシングをした経験があり、その事について書いていこうと思います。当時生活をしていく最低限の収入はあったものの口座の貯蓄は0、そんな時に10万越えのお金が必要になり始めてキャッシングを使うことになったのです。正直キャッシング会社に対してのイメージは悪かったです。

出来れば自分自身現金をやりくりして捻出したかったのですが、色んな事を制限し我慢してもせいぜい5万円程しか月収からは絞れません。最後の手段としてのキャッシングを決意した後はとにかく情報を求めました。どこの会社がいいのか、借りる時借りた後はどうなのか等実際自分の状況も迫られているわけですから色んな方面で調べまくりましたね。アコムに決めたのは大手企業である信頼とCM効果ももちろんですし、借りる側の選択肢が広かったのも大きかったと思います。

審査も通りやすかったですし返済時の分割選択等思っていたよりトントン進んで、その時必要であった金額を借り入れることが出来ました。ちなみにその時お金が必要であった理由は急な引っ越しです。引っ越し作業は個人でやれますが、敷金礼金や各種保険費、2か月分の家賃と費用が膨らんだ為でした。

引っ越した後借りた12万円は、出来るだけ少額ずつの返済設定でお願いし1年経たずで完済。1万5千円程度からの返済額は本当にありがたいですよね。しかも設定金額はあくまで目安なので、今月はちょっと残業頑張ったからもう少し返済に充てられるという時等は自分の意志で多めの返済額で入金できます。

入金した後の明細書の残高が少しずつ減っていくのが嬉しかったですねその後親の車の買い替えでも急なお金が必要になった時も40万円程借り入れましたが、こちらも無事返済完了です。

よくCMなどで収入支出のバランスの重要さを推していますが本当に実際借り入れをし、毎月の返済経験をして実感しています。借りるだけではなく返済に対してもしっかり計画性をもって利用すればキャッシングも、お金のやりくりの視野は広がります。自分に合ったスタイルでサービスを利用していきましょう。

カードローンはスマホで申し込む!借り入れの手引き

主人の以前の仕事がシーズン営業で、出張時に不況だったため、通常の給料よりも、半年ほど10万円もカットされてしまったため、私のパートの給料では足りず、家賃や公共料金なども支払えず溜めてしまい、生活苦に陥ってしまったため、やむを得ず最初はクレジットカードのキャッシングを借りて生活するようになっていきました。

溜まっていた家賃や光熱費を支払うことが出来るようになり、通常の生活が出来るようになり一時的ですが、非常に助かりました。ですが、借りては返すの繰り返しで、結局クレジットのカードローンだけでは足りずに、広告でみた大手のキャッシング会社でも借りるようになり、日に日にキャッシングするカードの件数が増えていきました。
件数が増えていくと、収入に対してキャッシングを利用している件数が多いため、本当に必要な額を貸してもらえなくなり、必要な金額を補うためにまた、借りれる分だけキャッシングを利用していたので、件数が減らなくてとても困りました。

昔と違って今は大分規制されていますが、もし利用されるのであれば、必要最低限の件数にして、自分の給料が残る範囲でスマホでキャッシング、カードローンをご利用することをお薦めします。