キャッシングの際の本人確認について

キャッシングの際の本人確認は、通常顔写真がついた証明証の提示が求められます。たとえば、免許証、パスポートなどです。では、これらの証明証持っていない場合はどうすればよいのでしょうか。この場合には、顔写真がない公的証明書(健康保険証、住民票、年金手帳)が必要になります。

これに加えて、公共料金の明細など住所が特定できるものがあれば大丈夫です。キャッシング会社が世間をにぎわせていた際には、顔写真がないことを悪用して他人の保険証や住民票を利用してキャッシングの申し込みを行う者が見かけました。しかし、他人の証明書を利用して、キャッシングの申し込みをすることは、たとえその他人が承諾していても、詐欺罪となりえますので、絶対にしないように。