本人確認に必要な書類とキャッシングの申し込み方

限度額内で借り入れが行えるキャッシングを活用するメリットとしては、必要な時に資金調達が行える事です。

このキャッシングを利用するのに申し込みをするには本人確認書類が必要になってきます。本人確認書類として有効な物は、健康保険証やパスポートや運転免許証などです。これらは申込時にスキャナーで画像データ化して、消費者金融会社の審査センターに送る事になります。

そして、その書類を基に審査が行われていきます。消費者金融会社によっては在籍確認という申込者が実際に申込書に記載している会社に勤めているのかを確認する電話をかけて本人確認をするケースもあります。

キャッシングの申し込み方には、Web申し込みや自動契約機を使った申し込み、電話による申し込みなどが用意されています。いずれの申し込み方法でも審査を通過した後に契約をする仕組みになっています。