いざという時のカード

初めて、キャッシングを利用したのは、社会人になって約3年目のころです。自宅から近いところにある「アコム」に行き、約30万円を借りました。借りた理由は、車購入の際の頭金を支払うためですが、実は、もともと、頭金については貯金していました。

車を購入するための貯めたお金を友人に貸してしまったのです。車を購入する際、最初の資金として、50万円を支払う予定でした。しかし、同じ時期、友人から、「交通事故を起こしてしまい、困っている。1週間で返すので、お金を貸してください。」とお願いされ、とても困っていたので、お金を貸すことしました。

今、考えれば、簡単に、友人にお金を貸さなければよかったと思っています。結局、1週間で、お金は返ってきませんでした。私の車の支払いもありますし、私の方も困りました。友人に連絡するも、途絶えることはありませんでしたが、なかなか連絡が取りにくい状況になってきました。また、友人からの返済も、少しずつの返済でした。

私の車の支払い時期がきてしまい、考えた末、近くのアコムに行き、約30万円を借りたのです。仕事もしていたので、免許証の写しを提出など、手続きは簡単でした。その間も、「何で、友人のせいで、私が、お金を借りなければならないのか。」と思ったのですが、簡単に借りることができたアコムについて有難く思えました。

その後、友人から返済を全てキッチリしてもらいましたが、友人関係については終わりました。アコムからお金を借りることを通じて、私自身がお金を人に簡単に貸さないこと、そして、アコム等からお金を借りるときは感謝しつつ、しっかりと返済計画を持つことについて学んだような気がします。