キャッシングの利用では、金利よりも返済方法に注意が必要です

キャッシングを利用する場合、最も気になるのは、金利はいくらか、ということだと思います。

一般的なフリーローンの場合、銀行のカードローンで約14%、大手消費者金融で約18%、中小の消費者金融で20%、というのが大体の相場になっています。(法律の範囲内の最高金利が20%なので、20%を超えることはありません。)

金利は低いにこしたことはありませんが、金利以上に注意をしたいのは、実は返済方法です。キャッシングでは、金利が低くても、長期間借りていると、結果的に支払利息が膨れ上がってしまうからです。

キャッシングの返済方法の一つとして、銀行口座からの自動引き落としがあります。返済し忘れる心配がないので安心ですが、毎月決まった金額しか返済できないため、借入期間が長引いてしまうことが多いのです。相場以上に金利が低い場合は、返済方法が自動引き落としに限定されている場合もあります。

キャッシングを利用する際には、返済方法の選択肢をしっかりと確かめてから借入先を選ぶことが大切です。